アラサーになって妊活を始めました No.2【妊活を始めるときに知っておきたいこと】

こんにちは!PELOです。

 

投稿記事▶︎▶︎

アラサーになって妊活を始めました No.1【妊活を始めるときに知っておきたいこと】

・「妊活」何から準備を始めるの?

・妊活する前に生活習慣を見直そう

⇧⇧こちらの投稿記事の続編になります。

 

妊活をするための準備、生活習慣の見直しのほかに、妊活をするために必要なことってどんなことだろう?

そして、妊活を始めてからの体の変化はどう変わるのでしょうか。

 

妊活に必要なこと

生活習慣以外に、妊活に必要なことをみていきましょう!

 

葉酸を摂る

妊活する前は「葉酸」という言葉に馴染みがなく、聞き慣れない栄養素でどんな食材に含まれているのかも知りませんでした。

唯一、妊活や妊娠をしたときに葉酸を摂ることが必要だと聞いたことがありました。

 

・「葉酸」とは何か

妊活をする上で、葉酸について私なりに調べたことは、

葉酸は、ビタミンB群の一種で代謝に関係し、DNA・RNAやたんぱく質の生合成を推進する栄養素。

細胞の生産や再生を助けて体の発育に役立つこと。

また、赤血球を作る働きをするため「造血のビタミン」といわれているそうです。

葉酸は、おなかの中で赤ちゃんが成長していく過程で、とても重要な役割をする栄養素なので

妊活のときから、妊娠しやすい体作りをしておくことが大切です。

 

妊活

 

細胞の分裂や成熟にも大きく関わるため、とくに胎児にとっては重要な成分で

妊娠前から葉酸を摂ることで、おなかの赤ちゃんの脳や脊髄の発達異常のリスクを減らすことができるとされています。

妊娠を望む人は、なるべく1ヶ月前から葉酸を摂って、妊娠に備えるのがとても重要になります♡

また、赤ちゃんの神経系は妊娠初期から作られて、先天性異常は妊娠7週間頃までに起きるため

7週間というとやっと妊娠がわかる頃なので、妊活中から摂っておくことが大切です。

その後も、赤ちゃんが成長をしていくために必要な栄養素になるため、妊娠後期にかけても摂り続けることをオススメします!

葉酸を摂るには、野菜や果物、サプリメントから摂取することができます。

 

・葉酸が多く含まれている食べ物

ほうれん草、モロヘイヤ、アスパラガス、ブロッコリー、アボカド、枝豆、レバー、焼きのり、海藻、いちごなど

食べ物の好き嫌いもあるので、自分が食べやすいものを選んで、過度に摂りすぎないように

程よく毎日の食事にいくつかの材料を料理に取り入れてみたり、デザートに果物を食べたり、

無理のない程度に食べられるといいですね。

私は、この中でとくに苦手な食べ物はないのですが、レバーは自分で調理しないので、食べる機会が少なかったです。

いちごは大好物なのでたくさん食べたいのですが、食べすぎないように1日5個までと決めて食べていました。

これだけ多くの食べ物に含まれていて、毎日いくつかの食材を摂取できれば大丈夫だろう!

と安心していたのですが、ここで気がついたこと☆

食生活で葉酸が多く含まれている食材を食べても、妊活や妊娠の可能性があるときには摂取量が足りていない!!

普段の生活 240㎍

妊活や妊娠の可能性がある 480㎍

通常の倍の摂取量が必要になるため、食生活だけでは摂取しきれないようです。

そこで、「食生活+サプリメント」を摂取することで、葉酸の摂取量を補います!

 

・葉酸サプリメント

葉酸は普段の食生活では必要量、摂取できないことがわかったのでサプリメントで補うことにしました。

サプリメントを日頃からあまり飲んだことがなかったので、どの製品が良さそうなのかわからなかったので

友達からオススメしてもらった「エレビット」を飲んでみることにしました。

 

妊活

 

エレビットは、産婦人科クリニック医師推奨No.1の製品で信頼できるサプリメントということを知りました。

サプリメントから摂取できる葉酸は1日800㎍!!

葉酸がたっぷり入っていてビックリする数値で、妊活から摂取推進量をキープするために作られているそうです。

ほかにも、必要な18種類のビタミンやミネラルが豊富に入っています。

マルチビタミンとしてバランスよく摂取できるので、女性には嬉しいサプリメントです。

1日3粒飲むだけでいいので、とても楽に続けられました。

 

体を冷やさない

妊活する前は、月経時におなかが冷えると月経痛が酷くなるのでおなかを温めたりしていましたが

日常生活ではとくに気にすることなく過ごしてきました。

夏の暑い日には、ルームウエアーはノースリーブにショートパンツ、外出時もノースリーブワンピースに

サンダルという服装で暑さには敵わないので、なるべく涼しい服装で。

寒い冬には、セーター、ヒートテック、キャミソールにヒートテックパンツ、靴下という服装で厚着をした服装でした。

冷え性で、とくに冬は常に手足がかじかんで痛くなるほど冷たくなって

なかなか体温が上がらないでいることがほとんど毎日で、毎年冬を迎えるのが苦手でした。

体が冷えている状態だと、血行が悪くなって、免疫力が低下して、代謝が悪くなるため

体の循環機能が低下して、冷え性になったり、便秘やむくみやすくなったりするので、まさにその通りの体質でした。

体質改善のために「温活」を初めてみることにしました!

 

・温活を始める

妊活を始めてから「温活」という言葉を知りました。

(体のために、もっと早くに知るべきだったと今になって思います!)

温活とは、体の基礎体温を健康維持に最適な体温まで上げる活動のこと。

私の基礎体温は、だいたい36.0℃前後。

理想的な基礎体温は、36.5℃といわれているそうです。

基礎体温が低い方なんだろうなと自覚はしていましたが、今までとくに気に留めていませんでした。

妊活をする上で、温活がなぜ必要なのか?

それは、妊娠を望んでいる女性はとても重要なことで、子宮を冷やさないように温める

着床しやすい体作りをするために、温活が必要になります。

 

・温活習慣で体を温めよう!

はじめに日常生活ですぐに始められることは、冷たい飲み物は控える。

夏の暑い日には、冷たい飲み物がとくに飲みたくなります。

しかし!体の中を冷やしてしまう原因になるため、氷などは使わずなるべくあまり冷えていない飲み物を

選ぶようにすることをお勧めします。

私は日頃から主にミネラルウォーターを飲んでいて、365日常温のお水を飲んでいます。

また、「寝起きには白湯を飲むといい」とよく耳にします。

 

妊活

 

体温より少し高い温度の白湯を飲むことで、内臓が温まり働きがよくなり、血行が良くなってじんわり体の芯から温まります。

毎朝、続けているとすぐに体がポカポカするようになりました!

 

・体を温める食べ物

食べ物には、体を温める食べ物と体を冷やす食べ物があります。

よく生姜は体を温める、夏野菜は体を冷やすなど、耳にしたことがあると思います。

普段食べている食材はどちらの分類に分けられるのか比べてみると

体を冷やす食べ物の方が圧倒的に多かったのは、衝撃でした。

 

<体を温める主な食べ物>

生姜、ニンニク、シナモン、長ネギ、にんじん、かぼちゃ、ゴボウ、鶏肉、エビ、栗など

<体を冷やす主な食べ物>

トマト、きゅうり、なす、レタス、白菜、バナナ、梨、そば、緑茶、小麦、白砂糖など

 

普段の食生活では、とくに気にすることなく過ごしてきて、日々食べたいものを食べる食生活。

こうやって分類してみると体を冷やす食べ物ばかりなので、30年間食生活を見直すことがなかった今、

妊活を通して見直すことになりました。

パンやチョコレート、お菓子には、小麦、白砂糖がたくさん含まれているので

まずは大好きなチョコレートから控えるようにしました。

また、体を冷やす野菜や果物も摂りすぎないように注意していました。

体を温める食べ物では、主人が作ってくれる参鶏湯はとても優れた絶品料理!!

使う食材は、手羽元、長ネギ、生姜、米少々、塩、料理酒、水のみ。

全ての材料を圧力鍋に入れてコトコト10分程圧をかけて煮れば出来上がり!

主婦にはありがたい♡調理がとても簡単でヘルシーで美味しい!

食べている途中からだんだん体の芯がポカポカしてきます。

体を温める食材の中から、生姜、鶏肉、長ネギを使える料理でオススメです。

 

・運動をする

日常生活の見直しのところでも書きましたが、少し運動を行うだけでも、血行がよくなり体がポカポカ温かくなってきます。

ヨガやエクササイズをしてみたり、筋トレをしたり、時間があるときにはウォーキングやジョギングをして

少しでも体を動かすことは温活に繋がるので、毎日少しずつ行えるように習慣付けられると理想的です。

私は、「今日は疲れてやりたくないなー」と思う日もあり、

正直なところ日課にすることはできず、2日に1回ペースで体を動かすようにしていました。

無理のない程度に、専属トレーナーの主人に鍛えられながら筋トレをしたり、

YouTubeを見てヨガやエクササイズを行っていました。

 

・温活グッズ

体の部分で温めたいポイントは、首、おなか、足首。

この部位を温めることで体の芯からポカポカと温まります。

 

私が揃えた温活グッズは

・ショートスパッツ(下腹部を温める)

・レッグウォーマー冬用・夏用(足首を温める)

・丈長靴下(足首を温める)

 

妊活

 

ショートスパッツは、日常生活で履いていてパンツ、スカートの下に履いていました。

冬用レッグウォーマーは、モコモコ素材なので家にいるときに着用していました。

夏用レッグウォーマーは、薄い素材なので夏に着用してもさほど暑くなく、家にいるときに着用したり、

日常生活で着用していたのは秋・冬時期。

日中、パンツを履いたときになるべく着用感がないようにして見えないように使っていました。

丈長靴下は、普段着用したことがほとんどなかったのですが、履いてみると足首から足先までポカポカして

こんなにも体温が違うの?!と驚きました。

寒い時期になると丈長靴下は、より手放せなくなります。笑

 

妊活を初めてからの体の変化

温活を始めてから半年が経って、体の変化を感じられるようになりました!

妊活を始めるようになってから、日常生活がすごく変わりました。

食生活では、間食に食べていたお菓子はほとんど食べなくなり、野菜中心で葉酸を多く含む食材や

体を温める食材を意識した料理を作るようになりました。

料理のレパートリーも増えて、以前よりも料理を作ることが楽しくなりました♪

 

運動は、主に筋トレを主人と一緒にジムへ行ったり、家の中で行っていました。

だんだん筋力が付いてきてジムへ行くのも楽しみになってきて、ダンベルを持ち上げたり、

少し高度な筋トレにも挑戦しました。

 

葉酸サプリメントは妊活を初めてすぐに飲むようになり毎日欠かさず飲んでいました。

粒が小さいので3粒でも1回で飲めるため、とても楽に続けられました。

 

温活グッズを着用してから、以前のような体がかじかむような冷たさではなくなり

足首から足先の冷えもだいぶ改善されました!

便秘も良くなって、むくみもほとんど気にならなくなりました。

 

生活習慣を変えることで目に見えて変化を感じられたことは、基礎体温が上がったこと!

妊活前の基礎体温:36.0℃前後

妊活後の基礎体温:36.5℃前後

約0.5℃も体温が上がりとても成果を感じられました。

日常生活でも足元はポカポカしていて、体も前ほど寒さを感じなくなったことがとても嬉しかったです♡

 

妊活に向けて生活習慣を見直してきて、ここまで体の変化を感じられて

妊娠を望める体作りができてきたことにとても満足感があり、体も健康になったことが嬉しい変化です。

妊娠前に、自分ができるところから体を整えてみることが1番の近道になるので

少しずつ日常生活に取り入れられると良いと思います。

日頃食べているものから体は作られているので、私はまず食生活から見直すことを始めました。

妊活の時だけではなく、このままの生活習慣を維持していければ体は健康になり最高ですね!!

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA